パスタの食べ方マナー|高級イタリアンレストランなどでのマナーや違いを知ろう

パスタの食べ方マナー

イタリアン

スプーンは使わない

日本では、パスタを食べるときにフォークでまいたあとにスプーンを使って食べる人が多くいます。しかし、パスタの本場イタリアでは、パスタを食べる時にスプーンは使いません。そのため、国内だとしてもイタリアンレストランに行ったときは、スプーンを使わずにフォークのみで食べるようにしましょう。

すすらない

日本は、そばやラーメンをすすって食べる文化とマナーがあります。しかし、イタリアには麺類をすすって食べる文化がなく、むしろすすって食べるやり方はマナー違反となります。池田のイタリアンレストランでパスタを食べる時はすすって食べるのではなくきちんとフォークにまいて一口で食べるようにしましょう。

パスタの食べ方マナーのポイント

本場のイタリアンレストランでパスタを食べるときは、音を立てずにフォークのみで食べることがポイントです。

イタリア料理の代表メニュー

パスタ

イタリア料理の代表格といえばパスタです。パスタといっても種類は多く、イタリアの地域によっても特色があります。イタリア料理店には絶対にある料理です。日本のイタリアンレストランでは、創作パスタも多くあります。

ピザ

ピザもイタリア料理には欠かせません。マルゲリータやカプリッチョーザ、クアットロスタジョーニなどがあります。イタリアンレストランによってもピザの味は大きく変わるので食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

ラザニア

ラザニアはイタリアのボローニャで生まれました。牛ひき肉とホワイトソースが決め手です。ラザニアも、日本のイタリアンレストランにはメニューによく載っていて、パスタやピザと並んで人気のメニューとなっています。

カッペレッティ

聞きなれない方も多いですが、カッペレッティはパスタにチーズや肉などを入れた料理です。イタリアではクリスマスで食べる文化があります。日本ではメジャーな料理ではないですが、美味しさはピカイチです。

パッサテッリ

鶏ガラスープと合わせて食べる料理がパッサテッリです。イタリアでは、家庭料理として作られることも多いメニューです。日本のイタリアンレストランでも提供しているところがあるので、是非トライしてみましょう。

広告募集中